パピヨン犬チョコの日記を再開しました

Sponsored

こんにちは^^パピヨン犬のチョコ(男の子)です。11月14日で9歳になりました。これまでにブログでちょっとした記録を書いていたのですが、新たにこちらで再開しました。どうぞよろしくお願いします^^

dsc_2313111

お股オープンの姿があまりにも可愛くて^^お昼寝しているところをカシャッ。カメラの音で目が覚めてしまいました。

 

パピヨン犬はスパニエルを起源とした犬種です

取り込んだばかりの洗濯物が大好きなチョコです。一通り遊び終えると大満足でお昼寝するんです^^そのおかげで洗濯物がたためないのですがカワイイからOK💛

 

パピヨン犬は猟犬スパニエルを起源としている犬種なんですね。その影響を受けているのかただ単にこの子の特徴なのか、取り込んだ洗濯物を掘り返したりカーペットの中に潜り込んだりとカワイイしぐさをするんです^^

 

フランス語で蝶

パピヨンはフランス語の『蝶』という意味があります。大きな耳とキレイな被毛が蝶のように見えるんですよね。今回の寝っ転がっている写真からは分かりにくいかもしれませんね^^大きな耳がまるで蝶のようにかわいいんです(実は実物の蝶は苦手です)

 

 美しいフォルムや豊かな表現力を持つパピヨンは多くのファンシャーがいます。ところでファンシャーという言葉を最近になって知りましたので早速使ってみました^^ファンシャーとは愛好家という意味のようですね。

 

絶体絶命のピンチに

こんなに可愛いパピヨンですが絶滅のピンチになったことがあるそうです。フランスの貴族たちにこぞってパピヨンを着飾りお供にしていたんです。上流階級のステータスシンボルとしてもてはやされてたんですね。

 

 そんななか民衆の怒りが爆発したフランス革命で貴族と共にパピヨンもたくさん殺されてしまったといわれています。この悲惨な状況から生き延びたパピヨンたちが今のパピヨンの血筋を残したそうです。

 

どんなパピヨンもかわいい

もうとにかくカワイイです^^親バカと言えるくらいチョコには弱いです。シャキッとしている姿勢のときもカワイイ、こんなにだらしのない格好をしていてもカワイイ^^パピヨンの血筋が途絶えずに今にいたってくれてありがとう💛

 

 

2016年11月17日 パピヨン犬チョコの日記を再開しました はコメントを受け付けていません。 チョコ日記