パピヨン歓迎!その前に飼育費用は把握しておきたい

Sponsored

パピヨンを迎えるにあたって真っ先に必要になるのは飼育費用です。迎えるときは家族が一人増える気持ちになりますよね。不自由なく健康に過ごしてもらいたい気持ちと同時に費用も必要になります。

パピヨン 飼育費用

チョコが我が家にやってきて1か月後の写真です^^寝ぼけた顔がすごく可愛いです💛

 

我が家もチョコを迎える前に必要なものを買いそろえていました。家族の一員になってからも人間以上にお金がかかっているかもしれません(汗)

 

予想以上に出費はかさみます

一度買ってしまえば一生買い替える必要のない物もありますが、トイレシートや消臭剤、シャンプーなどの消耗品や食費代、おやつ代など必要な出費はありますよね。

 

パピヨンと一緒に生活をしているとあれもこれもしてあげたいという気持ちも湧いてきますので予想以上に出費はかさみます

 

 また医療費も絶対に欠かせないものです。病気にかからなかったとしても毎年の狂犬病予防注射、伝染病予防のワクチン、フィラリア予防の薬代は必要です。最低ラインが3万円くらいです。

 

動物の治療は保険がありません。うちのチョコは小さいころは風邪をひいたりお腹をこわしたり通院をしていました。そしてパピヨンは活発。ピョンピョンと跳ねすぎて関節を傷めたこともあったんです。

 

 民間の動物用保険に加入していましたので、治療費の半額は戻ってきましたが加入保険代も毎年費用が必要になるんですね。

 

 その他にも医療費が必要になることはあります。長くなりすぎるので別の記事で書きますが動物の医療費は予想をはるかに超えてきます。

 

パピヨンを迎えるために最低限必要な費用

パピヨンは小型犬なので大型犬に比べると費用は少ないかもしれません。それでも生活用品や嗜好品なども買いそろえるとそれなりに費用はかかってきます。チョコの食べ物に関しては私よりもお金がかかってるかもしれません^^

  •  パピヨン代
    ショータイプは35万円から。ペットタイプは15万円から。
  • 生活用品
    サークル、食器、トイレシーツ、トイレ、マナーパッド、首輪、リード、おもちゃなど
  • 食事代
    ドッグフード、おやつなど
  • 医療費
    狂犬病の予防注射、伝染病予防のワクチン、フィラリア予防薬代など
  • 娯楽費
    キャリーバッグ、ホテル代、預かり代など
  • 美容代
    シャンプー、ブラシ、コーム、ハサミ、爪切りなど

 

これらは揃えておいてあげたいものです。本当に出費が大きいと思いますので事前に覚悟をしておいたほうがいいと思います。費用はかければかけるほど高くなりますよね。でも不思議と愛犬にはお金をかけてしまうんです^^我が家ではチョコに一番お金がかかってます。

 

一番大切なことは

愛犬を迎えるために大きな出費が必要となりますので覚悟をしておきたいところです。しかしその前に一番大切なことがあるんですね

 

 それはパピヨンを迎えられる環境かどうかです。集合住宅の場合はペットの飼育が許可されていないところもありますので確認は絶対です。

 

 またパピヨンを迎えても家族みんなが留守の多いお家だとワンちゃんが可哀そうですよね^^しかも十分なしつけもしてあげられなくなりますよね。

 

そしてワンちゃんと生活をすると体力も必要です。今から一緒に生活を始めるとして10年後のことも考えてあげたいです^^