お散歩はいつからさせたらいいの?

Sponsored

パピヨンは活発な犬ですから部屋の中でもいつも動き回っています。

お昼寝ももちろんしていますが、動くのが好きなんだな~と思うことがよくあります。ですので外での散歩はもちろん大好きです。

 

毎日の散歩はストレス解消になりますのでできるだけ連れて行ってあげたいですね^^また飼い主と一緒に遊ぶことでも心のコミュニケーションがもっと深まります。

 

そういえば、パピヨンの特徴のひとつである蝶のような耳は日光に当たらないとマレに立たないこともあるそうです。

 

 お散歩はいつからさせるの?

 

 

お散歩開始は生まれて4カ月たったころが目安だとされています。

 

4か月たつころというと、病気に対する抗体がしっかり付いた頃ですよね。伝染病の予防接種の2度目をすませてからさらに1か月後くらいです。

 

初めての散歩は子犬がビックリして歩かないかもしれませんが、初めのうちは抱っこして話しかけながら慣らしていくといいですよ。

 

散歩が大好きなチョコは初めての散歩はビクついてへっぴり腰になっていました。いま思い出すと懐かしいです(*^^*)

 

大きくなるにつれて130分くらいを目安に11~2回の散歩をします。

  

リードを強く引っ張ると大変なことに⁉

 

最初のうちは子犬が好きな方へ行きたがるものです。それを躾だからといってリードを強くひっぱると大変なことになるかもしれません><

 

というのも生後6か月くらいまでは骨格形成が完全ではありません無理をさせると四肢のバランスが崩れた体型に育つ恐れがあります。絶対に強く引っ張ることはしないでください。

 

草はダニが潜んでいて体に付くこともありますから避けてください。またパピヨンの毛は細くて量が多いので草や種などが付くと取るのが大変です。

 

パピヨンの毛は繊細なのでリードや首輪などの種類は細いひも状のものがおススメです^^

  

首輪やリードを嫌がる場合はどうしたらいいの?

 

 

慣れていないと首輪やリードを嫌がるコもいますよね。その場合は室内で遊ばせる時に子犬の首にリボンなどを緩めに巻いておきます。首周りの違和感が気にならないように慣らしていくといいですよ^^

 

そして慣れたころに首周りのリボンに長めのヒモをくくりつけます。ときどき軽く引いてみましょう。嫌がったらやめて、何度か繰り返すと慣れていきます。

 

リボンとヒモに慣れたら首輪とリードに変えてみます。そして優しく『オイデ』と声をかけて、こちらへ来ることを教えます。

 

難しく考えなくて大丈夫ですよ。散歩好きなワンちゃんは散歩に行ける喜びで首輪やリードの違和感をいとも簡単に乗り越えます^^

 


 

犬って散歩が好きですよね。たまにテレビで散歩が苦手がワンちゃんを見ることがありますが(;’’)

 

子犬にとって散歩は色々なものを見たり音を聞いたり、他のワンちゃんと触れ合ったり学ぶことが多く大切なものです。

 

嫌がるコもいるかもしれませんが、最初のうちは抱っこしていて静かな場所でそっと地面におろしてみるなどしてみるといいかもしれませんね。

 

散歩が好きなコに対する注意点はムリにリードを強くひかないことです。生後6か月くらいまでは骨格形成が完全ではありませんのでくれぐれも注意してください。

 

 

 

2017年4月5日 お散歩はいつからさせたらいいの? はコメントを受け付けていません。 運動としつけ